川島永嗣

00_kawashima_adachi

基本情報

読み仮名 かわしまえいじ
職業 アスリート, サッカー選手
50音
日本
身長 185cm
体重 82kg
BMI 23
体型 細マッチョ
生年月日 1983年03月20日
食事 究極の肉体を作り上げようと、栄養成分にこだわり抜いた食事を自ら作る。
「カリウムが足りなくなると、筋肉に負担がかかった時に足がつりやすくなる」と、チコリを買う姿も。
そして体力消耗を補うために、豚肉料理が定番となっている。
玉ねぎを必ず加え、ビタミンB1を摂取。疲労回復の効果がある。
トレーニング・習慣 毎日欠かさず腹筋背筋するという。
ゴールキーパーなので、ボールを投げる練習を行う。
細かいステップやストレッチ、様々なシーンを想定してのトレーニングを行う。
練習後、ランニングを行ってから終了する。
性別 男性

プロフィール

埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のサッカー選手。スコティッシュ・プレミアシップのダンディー・ユナイテッド所属。日本代表。
語学の重要性について「キーパーは喋れないと難しい。DFに指示を出さないといけない。自分も主張できるようにならないと」と述べており、海外のクラブ移籍前から日々英語、イタリア語、ポルトガル語を勉強していた。現在は、英語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語を日常レベルで話せ、オランダ語、フランス語は勉強中としている。

少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学ぶ。当時からゴールキーパー志望だったという。
高校時代は3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場した。
学生時代の成績は優秀で、周囲からは大学進学を勧められていたが、プロでやっていくことを決断。
しかし、地元浦和レッドダイヤモンズのセレクションは不合格となる。その後もうひとつの地元クラブである大宮アルディージャへの加入が決定。

2002年、AFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍。

2004年、複数舞い込んだ移籍話の中から、あえて日本代表の楢崎正剛がいる名古屋グランパスエイトに移籍。控えに甘んじる日々が続き、結果的にアテネオリンピックの代表メンバーからは外れた。

2007年シーズンにAFCチャンピオンズリーグ出場を控えている川崎フロンターレから獲得のラブコールを受けて当時の川崎のクラブ史上最高額となる1億5000万円の移籍金で完全移籍した。
2010年5月30日のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会前のテストマッチ・対イングランド戦で強豪相手に好セーブを連発する活躍を見せ、楢崎に代わり本大会での正GKの座を獲得した。

2010年7月7日、ベルギー・ジュピラーリーグ(1部)に昇格したばかりのリールセSKへ2年契約で完全移籍した。
2011-12シーズンは、リーグ・カップ戦全36試合にフル出場し、前シーズンリーグワーストであった失点数も劇的に減るなど守備の要として2年連続での残留に貢献し、2季連続でチームMVPに選出された。

2012年7月17日、スタンダール・リエージュと3年契約を結び完全移籍が発表された。
2012-13シーズンは移籍1年目ながらリーグ戦全試合にフル出場した。

2015年6月にスタンダール・リエージュを退団後は、移籍先が決まらずベルギーのチームやイタリア2部のノヴァーラ・カルチョ、岡崎慎司の所属するイングランドのレスター・シティFCなどのチームの練習に参加したが契約には繋がらず、無所属の状態が続いた。10月には古巣のスタンダール・リエージュへ復帰する可能性があると報道されたが、11月3日にスコットランドのダンディー・ユナイテッドFCと入団合意したことが発表された。

画像

川島永嗣 画像

川島永嗣 画像

川島永嗣 画像

川島永嗣 画像

川島永嗣 画像

川島永嗣 画像

川島永嗣 画像

川島永嗣 画像

川島永嗣 画像

川島永嗣 画像

ea0938ad0f6ee9aeb3f2c0a1f1401863

GettyImages-505144154-738x490

img_faf3ca5cc9b4cb06a5b573273040ecc7166354

maxresdefault

o0490078411018494039

o0570035512191144975

o0599039912074803613

ph01

stxxv

tumblr_mcdfmi13Zg1r0cgouo1_500