エレーナ・イシンバエワ

Isinbayeva-02

基本情報

読み仮名 えれーな・いしんばえわ
職業 アスリート, 陸上選手
50音
ロシア
現地語表記 Елена Гаджиевна Исинбаева
身長 174cm
体重 65kg
BMI 21
体型 標準
生年月日 1982年06月03日
食事 炭水化物、タンパク質、脂肪の組み合わせを考えて食事をしている。
楽しく食べることを基本とし、トレーニングしながら適切に食べることを勧めている。

朝食はシンプルに、コーヒー、食パン、トマト、チーズ。
コーヒーは動くために良好なエネルギーになるそう。

チョコレートを食べるのも良しとしている。
トレーニング・習慣 筋力トレーニング、ウエイトトレーニング、逆立ちで歩くトレーニングを行っている。バランス筋力の強化につながっている模様。

実践的な練習では、毎日自分が確実に跳べる高さを繰り返し練習している。
そうすることで、確実に跳べることが不思議な力とアドレナリンで新記録が跳べる、と語っている。
性別 女性

プロフィール

ロシア・ボルゴグラード出身の陸上競技選手。2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピックの女子棒高跳の金メダリスト。女子棒高跳の屋外の世界記録保持者。

3歳から15歳までの12年間、器械体操を習っていた。しかし身長が伸びすぎてしまい、15歳の時、コーチの勧めに従って棒高跳に転向する。
1998年、世界ジュニア選手権で3.90mを跳び9位。翌年の世界ユース選手権では4.10mをクリア、金メダルを獲得した。
2000年、4.20mのジュニア世界新記録をマークし、18歳でシドニーオリンピックに出場を果たすが、予選落ちに終わる。

2004年、アテネオリンピックに出場。前年の世界選手権で敗れたフェオファノワと壮絶な一騎打ちを演じ、一時は窮地に追い込まれるものの見事4.91mの世界新記録を樹立し、金メダルを獲得。
2005年7月22日、ロンドングランプリで女性としては初めて5.00mの跳躍に成功。
フィンランド・ヘルシンキで開催された世界選手権で5.01mの跳躍に成功し、世界陸上で初の金メダルを獲得。
練習で跳べるのは最高5m11cm。しかし本人曰く「練習では試合のようなアドレナリンは出ない」という。
本業は鉄道警備部隊の兵士で、5メートルを跳んだ後に上級中尉に特進したという。

2008年、北京オリンピックに出場。今季、4m92cmをマークし新星と騒がれていたアメリカのジェニファー・スタチンスキとの一騎打ちを4m85cmで決着させた。3度目の挑戦で世界新記録の5m05cmをクリアし、金メダルを獲得。

2009年から2012年の間は不調に終わり、2013年8月13日世界陸上モスクワ大会の棒高跳決勝で4m89を跳び、金メダルを獲得した。
2016年リオデジャネイロオリンピックでの復帰を目指すことを明らかにした。

画像

エレーナ・イシンバエワ 画像

エレーナ・イシンバエワ 画像

エレーナ・イシンバエワ 画像

エレーナ・イシンバエワ 画像

エレーナ・イシンバエワ 画像

エレーナ・イシンバエワ 画像

エレーナ・イシンバエワ 画像

エレーナ・イシンバエワ 画像

エレーナ・イシンバエワ 画像

エレーナ・イシンバエワ 画像

ad75f5b77b98434e9e1e7696af35e273-o

bijyo044

ere-na

img_0

img_35e713ff6b6f72d6e1c92a25e3394875247054

img_news

Isinbayeva-01

oac0808190229005-p1

spo1511170013-p1

Yelena Isinbayeva