アーノルド・シュワルツェネッガー

img_300244_26235872_0

基本情報

読み仮名 あーのるど・しゅわるつぇねっがー
職業 ボディビルダー
50音
オーストリア
現地語表記 Arnold Alois Schwarzenegger
身長 188cm
体重 106kg
BMI 29
体型 ガッツリ
生年月日 1947年07月30日
食事 「一般の人は1日に体重1kgあたり1g程度のたんぱく質を摂ればいいが、ボディビルダーは2g以上摂る必要がある」
1日3回メインの食事をとり、その間に間食を入れている(どの食事も食べものを主体としたもの)。筋量増加を目的とするときには、1日5000kcal摂取を目標にして、たんぱく質を300g摂るようにしていた。

よく飲んでいたのは、コップ2杯の牛乳に、プロテインを1/2カップ(約120ml)、卵1個、アイスクリーム1/2カップを加え、ミキサーにかけて作ったシェイクだ。このシェイクか、たんぱく質食品を間食に摂っていた。
トレーニング・習慣 ハング・テン・カール、ディセンディング・セット法、
比較的軽いウェイトを使用して”動作範囲の特定の位置”で動作を静止させるパーシャルホールド。
筋肉をピンポイントで刺激することができるケーブル・トレーニング。
性別 男性

プロフィール

アメリカ合衆国のボディビルダー、映画俳優、政治家、実業家。2003年から2011年にかけてカリフォルニア州知事を務めた。日本ではシュワちゃんの愛称で呼ばれている。身長・体重は、ボディビルの大会に出た時のもの。

10代のころから競技を始め、オーストリアの故郷に居た頃は自前のウェイトトレーニング設備がオーストリアの寒さによって冷やされトレーニングの際には鉄が手にくっついてしまったというエピソードもある。
兵役義務の頃に、軍に無断で外出(脱走)をしてボディビル大会に参加もしている。当然ながら無断で外出をするのは規律違反であり、営倉(軍隊内にある牢獄)に入ってしまう。しかし大会で優勝している事で、すぐ放免になった。
その鍛え抜かれた肉体は「オーストリアン・オーク(オーストリアの樫の木)」の愛称をもたらし、ジュニア・ミスター・ヨーロッパ、ミスター・ワールド、五回のミスター・ユニバースなどのタイトルを得ている。
ミスター・オリンピア(ボディビルディングの世界最高峰)での活躍であり、連続して6連勝という記録を作り上げた。

彼は知名度の向上に非常に大きく貢献した点などでボディビルの歴史に於いても特に重要な人物と見なされている。
その業績は毎年開催されるアーノルド・クラシック・ボディビル大会やミスターオリンピアにて称えられる。現在もマッスルアンドフィットネス等、フィットネス関連の雑誌にトレーニング理論の記事を執筆中。20世紀最高のボディビルダーと評されることもある。
昨今のハリウッド映画では出演時に役者の肉体改造が当たり前となっているが、それも彼が最初に映画界に本格的な筋肉トレーニングを持ち込み、元祖肉体派俳優として活躍した結果であるといえる。

俳優としてはもちろんだが、ボディビルの世界で「最も偉大」と言われている人物である。

画像

アーノルド・シュワルツェネッガー 画像

アーノルド・シュワルツェネッガー 画像

アーノルド・シュワルツェネッガー 画像

アーノルド・シュワルツェネッガー 画像

アーノルド・シュワルツェネッガー 画像

アーノルド・シュワルツェネッガー 画像

アーノルド・シュワルツェネッガー 画像

アーノルド・シュワルツェネッガー 画像

アーノルド・シュワルツェネッガー 画像

アーノルド・シュワルツェネッガー 画像

arnold-schwarzenegger-2

arnold-schwarzenegger-4

f6f8375d

hfvbdvbs

kintore-anld

o0416060013293028135

o0420033613508136509

o0460072013213307046

Pinterest1

コマンドー-アーノルド・シュワルツェネッガー-アリッサ・ミラノ

コメント

  1. より:

    出身国はオーストラリアではなくオーストリアでは?