マイク・タイソン

1384041760_17126100

基本情報

読み仮名 まいく・たいそん
職業 ボクシング
50音
アメリカ
現地語表記 Mike Tyson
身長 180cm
体重 98kg
BMI 30
体型 ガッツリ
生年月日 1966年06月30日
食事 起きてオートミールを食べる。
昼食の食事(ステーキとパスタとフルーツジュース)を食し、栄養バランスを整える。
夕食もほぼ昼食と同じメニューを食す(ステーキとパスタとフルーツジュース)
トレーニング・習慣 5AM 起床、約5kmのジョギング
6AM エクササイズを終え、シャワーを浴び再び寝る。
  (朝のジョギングが彼の強い脚を造った)
12PM リングで練習(10ラウンドのスパーリング)
3PM 再びリングで練習と、1時間エアロバイク
                  (太い彼の脚の持久力を高めた)
5PM 筋トレ
   腹筋2,000回、ディップス500~800回、腕立て伏せ500回
   シュラッグ30kgのバーベルで500回)、
   首のエクササイズを 10分間
8PM エアロバイク(自転車漕ぎ)を30分した後、TVを観て
    就寝。
(朝ジョギングをする前は、ストレッチを充分に行い、その後
箱に飛び乗るジャンプを10回、短距離ダッシュ(全力疾走)
を10本をこなした)
(昼の12時にスパーリングをし、午後3時にはミットもしくは
ヘビーバッグを使ってリング内での稽古をする)
性別 男性

プロフィール

アメリカ合衆国の元プロボクサー。ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区出身。

ヘビー級としては小柄ながら巨漢ボクサーをガードごと薙ぎ倒す桁外れのパンチ力と、ヘビー級史上最速の評価をモハメド・アリと分かつスピード、急所を正確にコンビネーションで打ち抜く高度なオフェンス技術、そして相手のパンチをガードのみに頼らず、そのほとんどを空に切らせる鉄壁のディフェンス技術を武器に次々に大男たちをマットに沈め、モハメド・アリ引退後のヘビー級の停滞期を打ち破りパウンド・フォー・パウンドの頂点に君臨した。
現役時代のみならず、長いボクシングの歴史の中においても、最盛期のタイソンはモハメド・アリと並んで最強ボクサーの有力候補。

2005年6月12日、前回の試合で傷めた膝を手術し復帰。無名のケビン・マクブライドを相手に戦うも、年齢から来る体力の衰え、そして膝の怪我の影響からか動きに精彩を欠き、6ラウンド終了後棄権しTKO負け。
試合後のリング上でのインタビューで 「もうこれ以上、ボクシングを侮辱したくない」 と、引退を示唆した。正式な引退発表をしなかったが、結局はこれが最後の試合となり、1985年のプロデビューから2005年まで丸20年のプロキャリアに終止符を打った。

画像

マイク・タイソン 画像

マイク・タイソン 画像

マイク・タイソン 画像

マイク・タイソン 画像

マイク・タイソン 画像

マイク・タイソン 画像

マイク・タイソン 画像

マイク・タイソン 画像

マイク・タイソン 画像

マイク・タイソン 画像

マイク・タイソン  画像

マイク・タイソン  画像

o0480036512685189221

o0480048012851261272

taizon

Iron-Mike-Tyson-prepares-for-his-fight-against-Frank-Bruno-1373486