木村ミノル

IMG_6797-620x413

基本情報

読み仮名 きむらみのる
職業 キックボクシング
50音
ブラジル
現地語表記 Kimura "Philip" Minoru
身長 172cm
体重 63kg
BMI 21
体型 標準
生年月日 1993年09月09日
食事 練習前にはBCAAとHYPER PUMPを飲んで、練習中には時間を見ながらBCAAをこまめに摂る。そして練習後はグルタミンとプロテイン摂取。
食事の後に脂肪燃焼効果のあるMAX BURNを飲んで、寝る前にはテストステロン分泌促進するT-BOOSTERを摂取。
減量中は自炊。野菜と肉中心で、主に牛肉を食べるようにている。筋肉作りには牛肉が一番いい。
牛肉にする日と、魚にする日を変化させながらメニューを作っています。週に何回かはパスタやうどん等炭水化物中心の日をいれています。いわゆるチートデイです。
フルーツは、マンゴーとか、オレンジ、キューウィ、グレープフルーツ、バナナ、パパイヤなどがメインで、ドラゴンフルーツなど珍しい物も食べる。減量中、栄養はなるべくそこから摂るようにしている。
トレーニング・習慣 トレーナーさんとシャドウを3ラウンドやって、スパーリングやって、ミットやって、またシャドウやって、それをすべて全力でやる。
1週間土曜日まで続けて、日曜日だけはオフにしてリフレッシュする。
以前はウエイトとレーニングもしていたが、今はしていない。基本的にトレーナーがトレメニューを組んでくれる。
性別 男性

プロフィール

日本のキックボクサー。ブラジル出身。母が日系ブラジル人、父がイタリア系ブラジル人のクォーター。3歳の頃より日本に在住している。Fighting Kairos/マイウェイジム所属。
“フィリップ”という名前はブラジルでの名前。ブラジルにいたのは3歳までで、それ以降は日本で生活していたので、普段は日本語。ポルトガル語も使える。10歳で格闘技を始める。空手のオープン大会にキックの選手として出場。黒帯の空手選手が多い中、準優勝。
山梨県立ひばりが丘高校出身。タナベジム所属で2010年K-1甲子園に出場し、東日本準優勝。2011年大会では見事、東日本Bブロック優勝を果たす。
2014年に「WORLD GP」を復活させた新生K-1。復活第1回大会ではK-1 WORLD GP-65kg初代王者決定戦が行われ、これまで対日本人無敗の最強タイ人王者ゲーオ・フェアテックスが優勝を果たした。その翌年、2015年1月18日大会ではゲーオがワンマッチに登場。そこで対峙したのは、これまで王座戴冠歴のない若者・木村“フィリップ”ミノル。木村がゲーオからダウンを奪い判定勝ち。有言実行の男。

ランバダとサンドストーム(ヴァンダレイ・シウバの入場曲)をリミックスした曲を入場曲として使っている。なんとヴァンダレイ・シウバ公認。

ヒーロー不在と言われてきたK-1のニューヒーロー。イケメンキックボクサーとして有名。

画像

木村ミノル 画像

木村ミノル 画像

木村ミノル 画像

木村ミノル 画像

木村ミノル 画像

木村ミノル 画像

木村ミノル 画像

木村ミノル 画像

木村ミノル 画像

木村ミノル 画像

img_1

o0480068012776914129

8c96bfdc2e84bda3b18afae9838799f2

o0480064012074632632

ced05e56b45300ddf08fb51529153296