川尻達也

cb91c0f7

基本情報

読み仮名 かわじりたつや
職業 格闘家, 総合格闘技
50音
日本
身長 171cm
体重 66kg
BMI 22
体型 標準
生年月日 1978年05月08日
食事 注目したのが、高タンパクでありながら低脂肪のツナ缶。。大量で良質のタンパク質が含まれているツナ。これをトレーニング後や朝食で食べるように。サラダにあえたり、カレーに混ぜるなどしています。朝晩二缶ずつ、10年以上食べ続けている。

満腹になるまでは食べない。特に、夕食では大量に食べない。大量に食べると内臓を酷使・消耗させることになり、体調が崩れる。
汗をかくほどのトレーニングをしたなら、スポーツドリンクの原液などで糖を補給します。果汁100パーセントのジュース。
トレーニング・習慣 対戦相手によってスケジュールを変えることはあまりありません。
打撃、グラップリング、MMAや体力アップのトレーニング。どれもバランス良くやっていて、日々強くなっている。
性別 男性

プロフィール

日本の男性総合格闘家。茨城県稲敷郡江戸崎町(現・稲敷市)出身。茨城県立土浦第三高等学校、中央学院大学卒業。元修斗世界ウェルター級王者。
日本人離れした強靭なフィジカルを生かしたテイクダウンと強烈なパウンドを武器としている。フェザー級転向以降はテイクダウンからのパスガード・トップキープを武器とし、サブミッションを極めて勝つ事が多い。特に肩固め(川尻曰く「川ちゃん固め」)を得意としている。

00年4月、修斗でプロデビュー。04年12月にはビトー“シャオリン”ヒベイロを怒濤のパウンドラッシュで破り、修斗ウェルター級王座に戴冠。05年からPRIDEに主戦場を移すと、キム・インソク、ルイス・ブスカペ、チャ-ルズ“クレイジー・ホース”ベネット、クリス・ブレナンに圧勝。PRIDEライト級の実力者として活躍した。DREAMには旗揚げから参戦し、08年のライト級GPではブラックマンバ、ルイス・ブスカペを破りベスト4進出。同年大晦日には武田幸三を相手に自身初のK-1ルールに挑戦し、3度のダウンを奪って見事KO勝利。
09年はロス・エバネス、J.Z.カルバン、メルカ・バラクーダに、大晦日『Dynamite!!』では08年の戦極ライト級GP準優勝の横田一則に完勝し、同年は4戦全勝。10年大晦日の『Dynamite!!』では元Strikeforce世界ライト級のジョシュ・トムソンにも完勝した。そして、11年7月にドリュー・フィケットを退けると、フェザー級転向を決意。同年9月にヨアキム・ハンセンから肩固めで一本を奪い、階級転向初戦を白星で飾った。鋼のような肉体から放たれる打撃は破壊力抜群。世界が認める“クラッシャー”だ。

●KO勝ちが12回、サブミッション勝ちが10回
●ドリュー・フィケット、ジョシュ・トムソン、ジェシアス・カバウカンチ、クリス・ブレナン、イーブス・エドワーズに勝利
●五味隆典、宇野薫、ギルバート・メレンデス(2回)、エディ・アルバレス、青木真也と対戦経験あり
●K-1で1勝1敗
●PRIDEでは4勝2敗

画像

川尻達也 画像

川尻達也 画像

川尻達也 画像

川尻達也 画像

川尻達也 画像

川尻達也 画像

川尻達也 画像

川尻達也 画像

川尻達也 画像

川尻達也 画像

Tatsuya-Kawajiri

20110409-00000019-spnavi-000-0-view

1278252604

1319802972

E58699E79C9F

o0480072012780584159

ORG_20140723000101