那須川天心

nasukawa

基本情報

読み仮名 なすかわてんしん
職業 キックボクシング
50音
日本
身長 162cm
体重 55kg
BMI 20
体型 細マッチョ
生年月日 1998年08月18日
食事 必ず必要な減量だが、元々55~58キロくらいのためほとんどやらない。基本一日三食。低カロリー・高タンパク質のものを摂取する。
トレーニング・習慣 以前は身体が硬かったが、ストレッチ・柔軟体操を練習前と練習後、就寝前にそれぞれ30分~1時間かけて行い、フィジカル・トレーニングも重視するようになったことで、腕立て伏せから飛び跳ねて、胸と背中で交互に両手をタッチしたり、腕立て伏せから飛び跳ねて身体を回転させるなどのアクロバティックな動きもできるようになった。
性別 男性

プロフィール

日本のキックボクサー。千葉県出身。TEAM TEPPEN/TARGET所属。現ISKAオリエンタル世界バンタム級王者。現RISEバンタム級王者。

極真空手ジュニア世界王者に輝いた強烈かつ華麗な蹴り技、圧倒的なスピードと抜群のカウンターのセンスを活かしてプロボクシング世界王者ともスパーリングで渡り合うパンチのテクニック、アマチュアでの豊富な試合経験を活かしたベテラン選手顔負けの試合運びと圧倒的な攻撃力と卓越したディフェンステクニックを兼ね備えた攻防兼備のファイトスタイル、好きな格闘技漫画のキャラクターの技や一度も練習したことがない技を試合でいきなり使って一撃でKO勝ちしてしまう天才的なセンス、ベテランの所属ジム会長が『努力の天才』と認めるほど豊富な練習で、プロデビュー前から『ジュニアのパウンド・フォー・パウンド』と称され、プロ転向後も破竹の史上最年少の16歳でRISEとBLADEの王座を獲得し、プロ戦績は10戦全勝9KOで、KO勝ちを逃した試合は試合10日前に右足靭帯が2本切れる重傷を負いながらも強行出場したプロ3戦目のみ。

『神童』『天才』『スーパー高校生』『ライトニング・レフト(稲妻の左)』の異名を持つ。
5歳から極真空手を習い始め、小柄な身体ながら無差別級でトーナメントを戦い続け、ジュニア世界大会で優勝。テレビでK-1を見たのをきっかけにキックボクシングに転向すると、プロになった現在まで破竹の快進撃を続けている。
極真空手、アマチュアボクシング、キックボクシングでの数百戦を超える豊富な試合経験と日頃から全ての技でKOできるように練習しているため、「得意技は全部」と答えているが、「強いて言うなら左ストレートには拘りがある」と語っている。

獲得タイトル
極真空手
・2009国際青少年空手道選手権大会10歳男子-40kgの部 優勝
極真空手ジュニア世界大会 優勝
アマチュアキックボクシング
・KAMINARIMON-35kg級王者
・Bigbang 50kg級王者
・Bigbang 60kg級王者
・全世界アマチュアムエタイ金メダル
・ムエロークジュニアトーナメント 2010 優勝
・M-1ムエタイチャレンジ40kg級王者
・M-1ムエタイチャレンジ45kg級王者
・M-1ムエタイチャレンジ50kg級王者
・初代MAキック Jr. 42kg級王者
・藤原敏男杯 2012 全国大会 50kg級 優勝
・藤原敏男杯 2013 全国大会 55kg級 優勝
その他多数
プロキックボクシング
第6代RISEバンタム級王座
BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015 優勝
ISKAオリエンタル世界バンタム級王座(2016年)

画像

那須川天心 画像

那須川天心 画像

那須川天心 画像

那須川天心 画像

那須川天心 画像

那須川天心 画像

那須川天心 画像

那須川天心 画像

那須川天心 画像

那須川天心 画像

11357586_1034707826561381_387202830_n

o0480032013368765780

o0480064013000854450

2015110950136700

o0480064012625592159