田村彰敏

tamura1

基本情報

読み仮名 たむらあきとし
職業 格闘家, 総合格闘技
50音
日本
身長 175cm
体重 65kg
BMI 21
体型 標準
生年月日 1980年05月31日
食事 体脂肪コントロール(=FATOFF)で肉体改善に成功。試合がない時も普段から節制して、長いスパンで調整している。
トレーニング・習慣 1年半くらい前からフィジカルトレーニングのトレーナーに見てもらっている。筋トレで重量を増やしたことでスタミナがついた。
シャドーボクシング、ミット打ちをそれぞれ2Rずつ。
性別 男性

プロフィール

日本の男性総合格闘家。兵庫県西脇市出身。総合格闘技津田沼道場所属。元修斗世界ライト級王者。
打、投、極の技術のバランスがとれたファイターである。ミャンマーの伝統的な立ち技格闘技であるラウェイの正式な大会において、外国人として初めて勝利した。
プロ格闘家として活動する傍ら、普段は理学療法士として働いている。
習志野高校時代は柔道部に所属。18歳で総合格闘技の練習を始めた。

2001年4月8日、プロ修斗デビュー。
2004年7月10日、ミャンマー・ヤンゴンで開催されたミャンマー・ラウェイ協会主催大会で、エー・ボー・セイン(Aya Bo Sein)に顎への左膝蹴りで4R2分52秒KO勝ち。
2007年2月17日、修斗環太平洋ライト級(-65kg)王座決定戦で不死身夜天慶と対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。
2007年5月18日、修斗世界ライト級チャンピオンシップでリオン武と対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。
2008年3月28日、修斗世界ライト級防衛戦で門脇英基と対戦し、0-2の判定負けを喫し王座陥落した。
2008年5月3日、修斗で佐藤ルミナと対戦し、スリーパーホールドで一本勝ちを収めた。
2008年12月3日、WEC初参戦となったWEC 37でヴァグネイ・ファビアーノと対戦し、肩固めで一本負けを喫した。
2009年4月5日、バンタム級転向初戦となったWEC 40でマニー・タピアと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。
2010年1月10日、WEC 46でチャーリー・ヴァレンシアと対戦し、1-2の判定負け。WEC戦績1勝2敗となりWECをリリースされた。
2010年5月30日、2年ぶりの修斗復帰戦で上田将勝と対戦し、0-3の判定負けを喫した。
2010年10月30日、SRC初参戦となったSRC15のSRCバンタム級ASIAトーナメント2010に修斗推薦選手としてシード出場。準々決勝で佐藤将光と対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。12月30日、戦極 Soul of Fightで行なわれた準決勝で中原太陽と対戦し、田村の放った右インローが3度のローブローとなり反則負けとなった。
2014年5月11日、初参戦となったパンクラスで宮路智之と対戦し、3-0の判定勝ち。[戦績]22戦11勝(3S)9敗2分

獲得タイトル
東日本アマチュア修斗選手権 ライト級 準優勝(2000年)
全日本アマチュア修斗選手権 ライト級 3位(2000年)
第2代修斗環太平洋ライト級王座(2007年)
第6代修斗世界ライト級王座(2007年)

画像

田村彰敏 画像

田村彰敏 画像

田村彰敏 画像

田村彰敏 画像

田村彰敏 画像

田村彰敏 画像

田村彰敏 画像

田村彰敏 画像

田村彰敏 画像

田村彰敏 画像

7304c7fa

140502_Pancrase-1

140502pancrase-tamura-2

daab0f99

tamura060204