辰吉丈一郎

201510300001-spnavido_2015103000006_view

基本情報

読み仮名 たつよしじょういちろう
職業 ボクシング
50音
日本
身長 164cm
体重 58kg
BMI 21
体型 細マッチョ
生年月日 1970年05月15日
食事 ダイエット(減量)のため、1日1食しか食事を摂らないそう。
3食食べても太るだけだと語っている。ボクサーのダイエットは肥満から標準を目指すものとは異なり、筋肉量を増やし脂肪と体重を減らすことを目的。
トレーニング・習慣 連日のロードワーク、ジムワーク、ミット打ちも欠かさず精力的にこなす。毎朝、起きて走って、夕方にジム行って練習。ロードワークは40分ぐらい。曜日によって何通りかコースを決めている。
サンドバッグ、ミット打ちはふつう8オンスのグローブでやる。それを、ぼくは12か14オンスでやってるんです。シャドーでもずっとグローブをつけたまんま。それで15から16ラウンド動いてる。
性別 男性

プロフィール

日本のプロボクサー。岡山県倉敷市出身。大阪帝拳ジム所属。第50代日本バンタム級、第18代・第24代WBC世界バンタム級王者、。愛称は浪速のジョー。自身が幼年期にいじめられっ子であった過去を持つ。血液型はB型。入場曲は『死亡遊戯』メインテーマ(なお、1996年中に出場した2試合のみ、友人の元光GENJI・諸星和己から提供されたオリジナルのテーマ曲「JOEのテーマ」を使用したこともあった)。

生後間もなく両親が離婚。その後、ボクシングファンであった父・粂二(くめじ)の男手一つで育てられ、幼少時よりボクシングを仕込まれた。中学校時代の担任教諭の勧めで、中学卒業と同時にボクサーを目指して大阪帝拳ジムに入門した。
粂二は辰吉にボクシング(喧嘩)の稽古をつけていた時に、構える手の高さは胸の前あたりの方が、相手全体を見渡したり攻撃をかわしたりしやすく、また、喧嘩の相手をつかんだり凶器を奪ったりしやすいと教えた。辰吉の無意識にガードを下げる癖はそこに由来すると考えられる。辰吉自身の解釈は、喧嘩では相手がオーソドックスの場合に右足で蹴ってくる場合が多く、左手を下げておくことで蹴りを払い、右手でパンチを繰り出すことができるからだと映画「BOXER JOE」で語っている。

愛車はLS600hL。以前はLS400をドレスアップしており、数々のカー雑誌に取り上げられた。
『BOXER JOE』のタイトルで、映画監督の阪本順治が辰吉の20年間の軌跡を収めたドキュメンタリー映画『ジョーのあした−辰吉丈一郎との20年−』が2016年に公開。ボクサーといえば、辰吉。45歳の今も現役にこだわり続ける。

獲得タイトル
全日本社会人選手権バンタム級優勝(アマチュア)
日本バンタム級王座(防衛0=返上)
第18代WBC世界バンタム級王座(防衛0=陥落)
WBC世界バンタム級暫定王座(防衛0=陥落)
第24代WBC世界バンタム級王座(防衛2=陥落)

画像

辰吉丈一郎 画像

辰吉丈一郎 画像

辰吉丈一郎 画像

辰吉丈一郎 画像

辰吉丈一郎 画像

辰吉丈一郎 画像

辰吉丈一郎 画像

辰吉丈一郎 画像

辰吉丈一郎 画像

G20150417010185260_view

image51

41Y8C7B41AL._SX318_BO1,204,203,200_

1106529210_main_l

img35f8ee76zik0zj