ドウェイン・ジョンソン

SD-DwayneJohnson-1

基本情報

読み仮名 どうぇいん・じょんそん
職業 プロレス
50音
アメリカ
現地語表記 Dwayne Douglas Johnson
身長 196cm
体重 118kg
BMI 30
体型 ガッツリ
生年月日 1972年05月02日
食事 タラ: 2キロ
卵: 12個
オートミール:2cup
さつまいも:340g
野菜:4cup
チキン:230g
白米:6cup
ステーキ:230g
魚油:大さじ2
ベイクドポテト:340g
ホウレンソウのサラダ
カゼインプロテイン:30g
トレーニング・習慣 月曜日 胸中心のトレーニング

ダンベル、ベンチプレス 10-12回の繰り返しを4回

フラットベンチケーブルフライ3回

バーベルベンチプレス10-12回の繰り返しを4セット

インクライダンベルプレス10-12の繰り返しを5セット

ローケーブルクロスオーバー10-12回の繰り返しを4セット

バーベルインクライベンチプレス10-12回の繰り返しを3セット

火曜日 脚の筋肉のトレーニング

レッグプレス 25回の繰り返しを4セット

バーベルワーキングランジ(重りつきのベストを着ながら) 25回繰り返しを4セット

レッグエクステンション、脚伸ばし 20回繰り返しを3セット

シーテッドレッグカール 20回繰り返しを3セット

スミスマシーンカーフレイズ(ふくらはぎのトレーニング) 疲れるまで3セット

サイアブダクター すねのトレーニング 15回3セット

バーベルランジ 20回繰り返し3セット

水曜日  腹筋と腕の筋肉のトレーニング

バーベルカール 10-12回の繰り返しを4セット

ハンマーカール  10-12回の繰り返しを4セット

スパイダーカール 4セット

三頭筋プッシュダウン 10回繰り返しを3セット

ディップス 3セット

脚を上げるトレーニング 20回繰り返しを4セット

ロープクランチ 20回繰り返しを4セット

ロシアンツイスト 20回繰り返しを4セット

木曜日  背中の筋肉のトレーニング 

ラットプルダウン 10-15回の繰り返しを4セット

バーベル上げ  10-15回の繰り返しを4セット

バーベルで肩をすくめるトレーニング 15回の繰り返しを4セット

懸垂 15回を4セット

バックエックステンション 15回繰り返しを4セット

片腕のダンベルロー 15回繰り返しを4セット

平行バーベル上げ 3セット

金曜日  肩の筋肉のトレーニング

ダンベルショルダープレス 12回繰り返し4セット

ダンベルフロント上げ   12回繰り返し4セット

ダンベル 横上げ 12回繰り返し4セット

スタンディングミリタリープレス  12回繰り返し4セット

リバースフライ 10-15回繰り返しを3セット

土曜日  脚の筋肉のトレーニング

レッグプレス 25回繰り返し4セット

バーベルウォーキングランジ  25回繰り返し4セット

レッグエックステンション  20回繰り返し3セット

レッグカール  20回繰り返し3セット

スミスマシーンレイズ 3セット

太ももの外転筋肉のトレーニング  15回繰り返し3セット

バーベルランジ 20回繰り返し3セット

日曜日はお休み
性別 男性

プロフィール

アメリカ合衆国の俳優、プロレスラー。トリプルH、ジ・アンダーテイカー、ストーン・コールド・スティーブ・オースチンと並び、1990年代末から2000年代初頭にかけてビッグ4として、WWEの代表的な選手である。現在は本名名義で俳優活動をメインとしている。

祖父、父共に名プロレスラーであり、三世プロレスラーとして知られる。身長196cm、体重118kg。2003年頃から俳優としての活動を開始。俳優への本格転向後は、基本的には体格は落ちているが、役作りに必要ならばプロレスラー仕込みのビルドアップも見せる。なお2011年の復帰以降もWWE公式サイトでは体重260ポンド(約118kg)とされている。

ザ・ロックとして「偉大な男(The Great One)」、「全ての娯楽界一シビれる男(The Most Electrifying man in All of Entertainment)」、「皆の王者(The People's Champion)」、「猛牛(The Brahma bull、ブラフマ・ブル)」、「ロッキー(Rocky)」など数多くのニックネームを持つ。猛牛のモチーフはオリジナルデザインの王座ベルトやグッズにも用いられている他、右肩には彼の象徴でもある片眉を吊り上げた表情(ピープルズ・アイブローとも言われる)をした赤目の猛牛のタトゥーがある。

精悍な顔立ちに高い身体能力と優れたマイクパフォーマンス能力を併せ持つ。プロレスラーとしては従来のレスラー以上に会場を沸かせることには非常に長けており、独特ながらも高いレスリングセンスを兼ね備える。特に持ち前の身体能力を生かした羽があるかのように跳ね上がる受け身は非常に稀有である。

画像

ドウェイン・ジョンソン 画像

ドウェイン・ジョンソン 画像

ドウェイン・ジョンソン 画像

ドウェイン・ジョンソン 画像

ドウェイン・ジョンソン 画像

ドウェイン・ジョンソン 画像

ドウェイン・ジョンソン 画像

ドウェイン・ジョンソン 画像

ドウェイン・ジョンソン 画像

ドウェイン・ジョンソン 画像

11372008_1674646406092474_64188683_n

Dwayne_Johnson-Popeye-Halloween-2015

ebb20049-s

o060006011

tumblr_mk5y7sAl6t1s9oidfo1_500