パット・ミレティッチ

Pat-Miletich

基本情報

読み仮名 ぱっと・みれてぃっち
職業 格闘家, 総合格闘技
50音
アメリカ
現地語表記 Pat Miletich
身長 178cm
体重 77kg
BMI 24
体型 標準
生年月日 1968年03月09日
食事 ・朝食:果物かメイプルシロップ入りオートミール。果物はブルーベリー、オレンジ、ドライフルーツ、カンタループなど
・間食:ナッツと果物
・昼食:ブラウンライスと野菜の炒め物。野菜はほうれん草、ブロッコリーなど緑色系。
・練習後:ホエーか大豆のプロテインシェイク
・夕食:卵と野菜をトーストかトルティーヤで。ジャガイモかサツマイモ。
・深夜:シリアルのアーモンドミルクがけ
トレーニング・習慣 平均的な一週間のスケジュールは
(月)スパーリング、ハード・レスリング
(火)ハード・レスリング、テクニック、ウエイト
(水)タイ式のミット打ち、テクニック、ウエイト
(木)ハード・レスリング、スパーリング
(金)休み
(土)テクニック、スパーリング、ハード・レスリング、ウエイト
(日)ウエイトだけ
ビッグマッチが近くなると、週に3回くらいランニングを加える。
性別 男性

プロフィール

アメリカ合衆国の男性総合格闘家。アイオワ州ダベンポート出身。ミレティッチ・マーシャルアーツ・センター主宰。ブラジリアン柔術黒帯。首里流空手黒帯。元UFC世界ウェルター級王者。
優秀な指導者としても知られ、現役時代より自ら主宰するミレティッチ・マーシャルアーツ・センターではマット・ヒューズを筆頭にジェンス・パルヴァー、ジェレミー・ホーン、ティム・シルビアなど数多くの選手を育成した。

クロアチア系アメリカ人であり、キックボクシングを経験。
1995年10月28日、アメリカ士道館主催のBattle of the Mastersで総合格闘技デビュー。優勝を飾り、以後、当時トーナメントが主流だったアメリカのローカルシーンでは優勝を総舐めにした。
1998年3月13日、UFC初参戦となったUFC 16で行われたライト級(後のウェルター級)トーナメントでタウンセンド・ソーンダース、クリス・ブレナンを破り優勝を果たした。
1998年10月16日、UFC Brazilの世界ライト級王座決定戦でマイキー・バーネットと対戦し、2-1の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。
UFC王者時代も並行してローカル大会に出場。修斗の中尾受太郎やペレにも敗退するなど取りこぼしが目立ったが、UFCのタイトル戦ではマイキー・バーネットやアンドレ・ペデネイラスなど当時の一線級の選手を退けて防衛を重ねた。2000年12月16日のUFC 29(東京大会)では山本喧一にフロントチョークで勝利するが、続く2001年5月4日のUFC 31でカーロス・ニュートンに敗れて王座から陥落した。
2002年3月22日、UFC 36でマット・リンドランドと対戦し、TKO負け。
2006年に旗揚げしたIFLではシルバーバックスのコーチを務め、2006年9月23日、IFLにて4年半ぶりに試合を行い、ヘンゾ・グレイシーにフロントチョークで一本負け。
2008年12月11日、40歳という年齢であったが2年振りに復帰し、Adrenaline MMAのメインイベントでトーマス・デニーにKO勝利を収めた。

獲得タイトル
Battle of the Masters 1 優勝(1995年)
初代UFC世界ウェルター級王座(1998年)
表彰
UFC 殿堂入り(2014年)
SHERDOG 殿堂入り(2014年)
RFA 特別功労賞(2013年)

画像

パット・ミレティッチ 画像

パット・ミレティッチ 画像

パット・ミレティッチ 画像

パット・ミレティッチ 画像

パット・ミレティッチ 画像

パット・ミレティッチ 画像

パット・ミレティッチ 画像

パット・ミレティッチ 画像

パット・ミレティッチ 画像

kev&pat miletich

pat_miletich2

u26a