室伏広治

koji-murofushi002

基本情報

読み仮名 むろふしこうじ
職業 アスリート, ハンマー投選手
50音
日本
身長 187cm
体重 99kg
BMI 28
体型 ガッツリ
生年月日 1974年10月08日
食事 ハンマーの投てきには相当の負荷がかかる為、負荷ダメージを回復する為には肉を多めに取る。
毎日500gの肉を食べるのだとか。肉を取ると驚く程の回復力があるとの事。
尚、脂身は取り除き、サラダにはドレッシングをかけずに食す。
飲み物は基本的に水かお茶しか飲まない。
トレーニング・習慣 高重量のダンベルにハンマーをぶら下げて安定感を保つトレーニングを基本とし、その他には赤ちゃんの動きからヒントを得た独自のトレーニング方法を取り入れている。
通称赤ちゃんトレーニング。
筋肉の発達していない赤ちゃんが寝返りをうったり姿勢を保てるのは、体幹を上手に使っていない為。
その事に気づいた室伏は赤ちゃんトレーニングを始める。
右手と左足を地面につけて、体をねじりながら体を持ち上げる運動など。これらは体幹を意識したトレーニングで体の軸を安定させるのに凄く効果があるとの事。
性別 男性

プロフィール

日本人離れした究極の身体能力を兼ね備えていると言われる超人。
父親は「アジアの鉄人」こと室伏重信。ハンマー投げの全日本記録保持者だ。
母親は槍投げのルーマニアオリンピック代表選手セラフィナ・モリッツ。
すなわち、日本人とルーマニア人のハーフである。

幼少時からテニス、水泳、野球、少林寺拳法など様々なスポーツを経験しながら育ち、中学生時代はアメリカに滞在しており、ゴルフやテニスを習いながら育っている。
帰国後、様々な運動部を掛け持ちし、最終的には陸上競技部に入部。
そんな彼がハンマー投げと出会うのは高校1年生の夏前。
専門種目としてハンマー投に取り組み、脅威の身体能力を持つ彼は、日本高校新記録・高校最高記録を樹立。
インターハイでは1991年・1992年と2連覇を達成する。

1998年、群馬カーニバルで父・室伏重信の持つ日本記録を更新する76m65を記録し事実上、日本史上一番のハンマー投げ選手となる。
2001年、中京大土曜記録会では世界歴代7位(当時)となる83m47を記録。
2004年アテネオリンピックの男子ハンマー投では金メダルを取得。
陸上・投擲種目で金メダルを取ったのはアジア史上初の歴史的快挙である。

その後様々な記録を残し、日本のメディアでは「人類最高の身体能力を持つ男」と言われている。
始球式には三度登板しており、2005年始球式では未経験者らしい不適切なフォームでありながら、131kmを計測する。
好きな格闘家はヒクソン・グレイシーである。

画像

716136

040815

80c8ad12eaf12f792ef01e95c7b127c1_400

23290_0_00

8d288f4fc1929c19abfdea8bb12ef34d

photo_interview02

murofushikoji

sp-080722-5

ダウンロード

03d240322071427cc6878ed55df8367f

mig

murofushi_01_sp

koji-murofushi002

KFullNormal20080905109_l

img_0

20070823101748

a0127626_1631493

cached

hqdefault

IMG_0274

2007082707

16039922945

20040826_3